« お引越ししました | トップページ | エンゲ○○○○○ »

2007-02-13

ノロわれた週末

今シーズン2回目のウィルス性胃腸炎に感染した。 

上げ下げ+発熱で、また苦しい目にあってしまった。てか、現在進行中。

お医者さん曰く、ノロかどうかはわからないけど、とのこと。

ちなみに今年はみんなでノロノロ騒ぎすぎてるけど、昔からあったものらしい。昔なんて、冬のおなかの風邪でひとくくりだったんだから、と軽くのたまう先生。 

 

いや、ノロかどうかなんてどうでもいい。 

問題は、何故わたしが2回もこんな忌まわしい目に合わねばならんのだということ。

しかも週末に!! 

生まれてこのかた24年、ほとんど風邪も引かなかったのに、今シーズンに限って2回だ。どうかしてる・・・。

 

起き上がると気分が悪いので、もっぱらベッド生活だったのだけど、つまらないので久々に活字の本を読んだ。

せっかく読んだので、ちょっとメモすることにする。

 

・『スキャンダル』 遠藤周作

・『ゼロの焦点』 松本清張 

 

『スキャンダル』

子供の頃は、大人になれば怖いものなんてなくなると思っていた。

ちょっと大人になった今、いろんなものが怖い。

同じように、子供の頃は、大人はなんでも知っているものだと思っていた。

ちょっと大人になった今、分からないこと、知らないことが多すぎる。

この小説を読むと、死ぬまで経験は連続して更新されるのだという当たり前のことを実感させられて、ワクワクするような、怖いような、複雑な感覚に囚われる。 

 

妻と日々を平和に生きている敬謙なキリスト教信者である”老作家”に、ある日を境に大きな変化がおとずれる。老年も半ばにさしかかった”老作家”を襲う揺れや迷い、恐怖、怒り、そしてそれまで彼には縁遠かった世界を知ってしまう。

 

自分に想像できない長さの時間を生きている人は、それなりに人生に対して答えを持っているはずだという勝手な先入観が、見事に裏切られる作品だと思った。  

 

この作品ではSMや乱交パーティーが描かれている。

でも、そのものにはあまり意味はない。それは”老作家”が知ってしまうものを表現するための記号にすぎない。

その潔さが、気持ちよかった。

「さすが!」と秘かにに叫んだ。 

 

私の嫌いな石○○○や、金○○○○、村○○(伏字多!!)のように、そういった負の世界にわざわざスポットをあて、奇をてらうことで自分を特別視しようとしている(と、私は少なくとも思っている)作家もどきではこうはいくまい。 

 

ノロの身には少し長くなってしまったけど、とにかくおもしろかったということが伝われば幸いです。まる。 

|

« お引越ししました | トップページ | エンゲ○○○○○ »

コメント

お引っ越しおめでとう。
リアルでもネットでも、お引っ越しをサラッとやってのけるアナタに感服です。
リンクも変更しといたよん。

遠藤周作は私も好き。

投稿: epokhe | 2007-02-14 00:23

リンク変更お手数です~
そいえばリアル引越しのときもノロわれてたっけ・・・(遠い目)
是非是非この家にもあの家にもいらっしゃいましね♪

投稿: けいこ | 2007-02-14 12:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/224098/5327786

この記事へのトラックバック一覧です: ノロわれた週末:

» ギャルお姉さんのチンポ審査 [カリビアンコム]
ギャルのお姉さんに独断と偏見で、おちんちんの審査をしてもらいました。ギャルのお姉さんの審査は思いのほか厳しくて、フェラしたり、騎上位でハメてみたりと、気づいたら空前の乱交状態に! ギャルのお姉さんのお気に入りに選ばれたキングオブおちんちんは誰だ!? [続きを読む]

受信: 2007-02-15 21:43

» カリビアンコム [カリビンコム]
ティーンズの乱れる性はここまで暴走していた!親も学校も知らない現役高校生のハレンチ画像を緊急入手 [続きを読む]

受信: 2007-02-17 15:11

« お引越ししました | トップページ | エンゲ○○○○○ »