« ノロわれた週末 | トップページ | 東西雛あられ事情 »

2007-02-15

エンゲ○○○○○

昨日は2/14、バレンタインデーである。  

 

シャカイジンになってから義理チョコ配ったりすることもなくなり、とんと縁のない日になってしまったが、とにかく2/14は世の恋人たちにとっては一大イベントなのである。 

 

さて、そんな昨日。

夕食を食べに出かけた。

ノロから八割がた復帰して、ずっとほぼ断食状態だったのでどうしてもおいしいピザが食べたかったのだ。

 

レストランで、隣のテーブルのカップルが非常におもしろかったのでその会話の一部を紹介したい。(盗み聞きじゃないですよ!!テーブルが近かった上に、声がでかかったのです)

 

どうやら、女が男に結婚を、暗にしかし激しく迫っている模様。

話の内容から察するに年の頃、♀27歳 ♂30歳くらい。

 

まずは軽くジャブから。お互いの家の話をしようとする女。  

♂「ウチは放任主義だからさー」

♀「○○クンのおうちってそうなんだ。あたしの家は違ったからそういうのすごく憧れちゃうな☆自分の家庭ができても、ある程度はそんな感じに育てたいかも。○○クンはどう?」

♂「・・・よしあしだよ」(ちょっといやそう) 

 

10分程度経過、男の食いつきが悪いので、少し直接的になる女。 

♀「やっぱり、わたしは結婚ってそれまでにつきあったりしてきたことの積み重ねなんだと思うんだけど、○○クンどう思う?」

♂「あー・・・・・・人それぞれなんじゃないかな?」 (やっぱり食いつき悪い)

♀「今までの彼女とかって、そんな感じじゃなかったの?」

♂「んー・・・」

 

さらに時間経過・・・女、ちょっと不機嫌になりはじめる。

♀「週末ってなにしてるの?」

♂「今週は名古屋で来週は北海道。北海道さ、会社の人たちと行くんだ。保養施設みたいのがあって、すげー安く行けるの!」(急に饒舌になる男。そんなに週末一緒に過ごすのがイヤか?!)

 

会話、一向に盛り上がらず。お酒ばかりが進む二人。そのとき、信じられないようなことが・・・!!

♀「なんかあたし、食費ばっかりかかっちゃてー、エンゲージリング・・・じゃなくってエンゲル係数?すごい高そうー」 

♂「・・・・・・」

 

なんと、エンゲル係数とエンゲージリングをいい間違えるという荒業に出たのです。

あまりのことに、ピザを落とす相方。

 

盛り上がらない会話のまま、食事は終盤へ。

女、ガサゴソと袋を取り出す。

♀「これ、全然そんなんじゃないんだけど、チョコあげる」

♂「おーありがとー。今日帰ったら一人で泣きながら食うよ」(一緒に帰るという選択肢は彼の中には微塵もないようです)

ここで、私たちが退席してしまったので続きは分からず。

彼らの今後はどうなる?!

というか、驚くべきは最初はカップルだと思った二人が実はつきあっていないようだという事実。何故、結婚を迫る?!

・・・文字でおもしろさを紹介しきれなかったのが残念でしょうがない・・・

|

« ノロわれた週末 | トップページ | 東西雛あられ事情 »

コメント

初めまして。けいこさん♪
本名は今はちょっと置いといて、私も感じた事を綴ります。

このブログに辿り着いたのは、最近 身体に電気がはしるので(生きものを触らなくても)、どっか体調に不備があるのかなぁと思い、検索していたらそちらに当たったのです。興味ついでに文章を読んでいると“もう一人の私”のような気がしてきて 更に駄犬や考察やらを読み進めるとますます“けいこ”さんと自分が重なるようでした(感じ方が…)。特にストーカーするつもりはさらさらありませんのでご安心下さい。

さて、カップルの話も面白かったのですが、最近の若いカップルは堂々とイチャついてますよね。本人同士はその世界にどっぷりと漬かっているので 周りは見えてないだろうし、仲がいいのはどちらにせよ良いことなのでいいのだが、そのさかっている姿を見せられるのは不愉快である。どっかヒトの居ないトコ(山小屋、橋の下など)で思う存分やったらいいのにと、思いませんか?私もさかっていた時期があったので、その気持ちは理解できますが、私はヒトにその姿を見せませんでした。見せたくもありませんでした。

話は変わりますが、けいこさんは4カ国語いけるんですね。大したものです! 私は日本語だけでひぃひぃもんです。できれば動物と話せたらいいんですが…(無理だろぉ~)

ロックの大往生の話も読みました。家族皆さんに愛され自由奔放に生きてこれて、最高に幸せな犬だと思います。死ぬと言っても肉体の限界がきただけですから 魂は永遠です。時期がきたらまたこの世に何かに生まれかわるんじゃないでしょうか?
私は宗教は嫌いですが、神は信じております! ただ何もせずに傍観している神がいます。宗教は様々ですが、元々はひとつで、ヒトが自分たちの都合でいろんなカタチに変化させただけだと思います。神がいたから真っ暗な宇宙にこんな美しい星(地球)があると感じてます。自然現象では説明つかない事も多々あるのはそういう事です。

fu~疲れてきたので この辺でご無礼致します。
返信があれば またメールさせていただきます。かしこ

投稿: y-iy-i | 2008-01-12 12:41

いろいろと忙しくしていて、mixiなどで軽く近況報告をしていたらすっかり更新しないまま放置しておりました…)

たくさん記事を読んでいただいて、ありがとうございます!
学生時代から書き始めてかなりの量がたまりました。考え方が変わった部分もきっとあるはずですが、こうやって知らない人で読んでくださる方がいらっしゃるなら書き続けることも重要だなーとおもいました。

神の存在は、宗教という形ではなく人知を超えた何かとして常に感じています。
というか、常に見張られていると思っているんです。いまだに…。

もう見ていらっしゃらないと思いますが、うれしかったのでお礼まで。

投稿: けいこ | 2008-10-01 15:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/224098/5355091

この記事へのトラックバック一覧です: エンゲ○○○○○:

» 文化・芸能 [の比例代表制で]
スポーツ ゲーム付きスキン クリスマスマーケット 議席増を狙う [続きを読む]

受信: 2007-02-16 11:48

« ノロわれた週末 | トップページ | 東西雛あられ事情 »