« 2007年2月 | トップページ | 2007年8月 »

2007-03-07

東西雛あられ事情

ちょっと前になるが、3月3日は雛祭りだった。

 

お茶のお稽古に行くとお雛様ムード一色で、お稽古のあとに茶巾寿司を出してもらった。

(なぜか先生は”チン”して食べたほうがおいしいから、とお寿司を”チン”されてました・・・そーいうもの?)

 

で、昼過ぎにデパ地下をぷらぷらして、せっかくだから雛あられを買ってかえろうといろいろなお店をのぞいたけど、ない。

正しくは、雛あられと命名されたお菓子は見かけるが、私の思っている雛あられではないのだ。

私の思っている雛あられとは・・・ 

Images

 これである。

 そう、これがこの24年間というもの、疑いようもなく私の中の雛あられであった。

 近所のスーパーでも手に入るシロモノ。

 

 ちなみに、中身はこう

Images2 海老味、マヨネーズ味、サラダ味、醤油味、青のり味、

 さらにはチョココーティングされたものまで。

 いろいろな味の、直径1cmほどのあられである。

さて、東京で見た雛あられとは・・・

 

Images3

 これ!!なんだこれ?!

 色とりどりのお米のようなものがたくさん入っている。

どこのお店を探しても、この色とりどりのお米バージョンしかないのだ。

今まで、上の形状でしか考えたことがなかったので、混乱した。

デパ地下を出て、近所のスーパーにも足を運んでみたが、やはりない。

しょうがないので下のバージョンを買ってきてみた。

味は・・・

おもしろくもなんともありません!!

なんか、ただ甘いだけ。

味でいうと、関西の勝ちだと思いました。

ちなみに、歴史的(?)には東京バージョンが正しいそうです。

辞書の説明も、「蒸した糯米を干して煎り、砂糖をかけて熱しながらほぐして乾かしたもの」、となっているので、辞書的にも東京バージョンが正しそうです・・・

いやいやいや、あの雛あられ@関西の食べる楽しさは、味わわないとワカリマセンよ!!

親に依頼して、来年は大量に関西バージョンのを送ってもらうことにしました。

布教活動をはじめるのだ。うむ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年8月 »