2008-10-01

あーー

放置しすぎたね!完全に!

過去に書いた記事がふと気になって、google検索で己のブログに辿り着くこの体たらく。

文章書かなくなって、馬鹿になったかもしれない。
朝起きて電車乗って会社行って仕事して電車乗って帰って寝る、基本毎日これだから、学生のときみたいに無駄な考察ということをしなくなるのね。

でもわたしという人間は、無駄な考察を餌に生きているようなものだから、そういう脳の回路が閉じているのは危険。
自分的につまらない人間になってしまう。

いつも心機一転!とか思うんだけど、またぼちぼち書こうかねぇ。ブログ。

| | コメント (52) | トラックバック (0)

2007-09-04

報告その1 ~転職~

そろそろ会社でも、ばれてる人が多くなってきたので、ここらで報告します。                                                                              

今の会社、9末で退職します。

そして10月1日から新天地です。

 

思えば今の業務を始めて早3年目。いろいろ経験させてもらって、会社としてけっこうごちゃごちゃだったのをちょこっとは整理して。貢献できたかな。できてるだろうきっと。

 

次の会社も人材系。

企画の仕事がしたいとずっと思っていた。正しくは、ちゃんと専念したいと思っていた。

やっとそんな環境に行けそうです。

自分が何かを生み出して世の中にインパクトを与えたい。世の中変えたい。 

 

その前に、ちょっと休憩。実家に1週間ほど帰ります。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007-08-07

あついあつい

アスファルトが焼けている。上からも下からも焼かれるものだから、本当にたまらない。

オーブンみたい。

打ち水プロジェクトっていうのがあるけど、これは有効だと思うな。水をまくと、さっと風が通って涼しくなる。焼けたアスファルトの温度が下がるだけでもずいぶんと気持ちがいい。

マンション住まいだと、自分ちで打ち水ができなくて悔しいくらい。

太陽の暑さは、夏の風物詩だからいいのだ。

何がいやって、アスファルトの暑さ。

天気予報では、今週もずっと晴れだという。

普段は嬉しいはずの晴れマークが、ここまで続くと少しうとましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007-08-04

長らく

書いていなくて、また半年以上経ってしまった。

飽きたわけではないけど、ココログに愛着がないのかも?せめてlivedoorにすればいいのかしら。(改行が反映されにくいのが非常に気になる。)

現在いくつか人生の転機を迎えつつあると思うんだけど、現段階で全世界に向けて発信!!という勇気はなかったりする。

なので、きわめて控えめに、存在をアピールしつつ(まだ生きてますよ・笑)、そのうちいいご報告がいくつかできればなぁなどと言ってみる。

そんなこんな。

最近あったことといえば、バリ島にいったり、隅田川の花火大会をマンションの屋上から眺めたり。

ああこーいうことをふつうはブログに書くんだよね。

気が向いたらそうするかも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007-03-07

東西雛あられ事情

ちょっと前になるが、3月3日は雛祭りだった。

 

お茶のお稽古に行くとお雛様ムード一色で、お稽古のあとに茶巾寿司を出してもらった。

(なぜか先生は”チン”して食べたほうがおいしいから、とお寿司を”チン”されてました・・・そーいうもの?)

 

で、昼過ぎにデパ地下をぷらぷらして、せっかくだから雛あられを買ってかえろうといろいろなお店をのぞいたけど、ない。

正しくは、雛あられと命名されたお菓子は見かけるが、私の思っている雛あられではないのだ。

私の思っている雛あられとは・・・ 

Images

 これである。

 そう、これがこの24年間というもの、疑いようもなく私の中の雛あられであった。

 近所のスーパーでも手に入るシロモノ。

 

 ちなみに、中身はこう

Images2 海老味、マヨネーズ味、サラダ味、醤油味、青のり味、

 さらにはチョココーティングされたものまで。

 いろいろな味の、直径1cmほどのあられである。

さて、東京で見た雛あられとは・・・

 

Images3

 これ!!なんだこれ?!

 色とりどりのお米のようなものがたくさん入っている。

どこのお店を探しても、この色とりどりのお米バージョンしかないのだ。

今まで、上の形状でしか考えたことがなかったので、混乱した。

デパ地下を出て、近所のスーパーにも足を運んでみたが、やはりない。

しょうがないので下のバージョンを買ってきてみた。

味は・・・

おもしろくもなんともありません!!

なんか、ただ甘いだけ。

味でいうと、関西の勝ちだと思いました。

ちなみに、歴史的(?)には東京バージョンが正しいそうです。

辞書の説明も、「蒸した糯米を干して煎り、砂糖をかけて熱しながらほぐして乾かしたもの」、となっているので、辞書的にも東京バージョンが正しそうです・・・

いやいやいや、あの雛あられ@関西の食べる楽しさは、味わわないとワカリマセンよ!!

親に依頼して、来年は大量に関西バージョンのを送ってもらうことにしました。

布教活動をはじめるのだ。うむ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007-02-15

エンゲ○○○○○

昨日は2/14、バレンタインデーである。  

 

シャカイジンになってから義理チョコ配ったりすることもなくなり、とんと縁のない日になってしまったが、とにかく2/14は世の恋人たちにとっては一大イベントなのである。 

 

さて、そんな昨日。

夕食を食べに出かけた。

ノロから八割がた復帰して、ずっとほぼ断食状態だったのでどうしてもおいしいピザが食べたかったのだ。

 

レストランで、隣のテーブルのカップルが非常におもしろかったのでその会話の一部を紹介したい。(盗み聞きじゃないですよ!!テーブルが近かった上に、声がでかかったのです)

 

どうやら、女が男に結婚を、暗にしかし激しく迫っている模様。

話の内容から察するに年の頃、♀27歳 ♂30歳くらい。

 

まずは軽くジャブから。お互いの家の話をしようとする女。  

♂「ウチは放任主義だからさー」

♀「○○クンのおうちってそうなんだ。あたしの家は違ったからそういうのすごく憧れちゃうな☆自分の家庭ができても、ある程度はそんな感じに育てたいかも。○○クンはどう?」

♂「・・・よしあしだよ」(ちょっといやそう) 

 

10分程度経過、男の食いつきが悪いので、少し直接的になる女。 

♀「やっぱり、わたしは結婚ってそれまでにつきあったりしてきたことの積み重ねなんだと思うんだけど、○○クンどう思う?」

♂「あー・・・・・・人それぞれなんじゃないかな?」 (やっぱり食いつき悪い)

♀「今までの彼女とかって、そんな感じじゃなかったの?」

♂「んー・・・」

 

さらに時間経過・・・女、ちょっと不機嫌になりはじめる。

♀「週末ってなにしてるの?」

♂「今週は名古屋で来週は北海道。北海道さ、会社の人たちと行くんだ。保養施設みたいのがあって、すげー安く行けるの!」(急に饒舌になる男。そんなに週末一緒に過ごすのがイヤか?!)

 

会話、一向に盛り上がらず。お酒ばかりが進む二人。そのとき、信じられないようなことが・・・!!

♀「なんかあたし、食費ばっかりかかっちゃてー、エンゲージリング・・・じゃなくってエンゲル係数?すごい高そうー」 

♂「・・・・・・」

 

なんと、エンゲル係数とエンゲージリングをいい間違えるという荒業に出たのです。

あまりのことに、ピザを落とす相方。

 

盛り上がらない会話のまま、食事は終盤へ。

女、ガサゴソと袋を取り出す。

♀「これ、全然そんなんじゃないんだけど、チョコあげる」

♂「おーありがとー。今日帰ったら一人で泣きながら食うよ」(一緒に帰るという選択肢は彼の中には微塵もないようです)

ここで、私たちが退席してしまったので続きは分からず。

彼らの今後はどうなる?!

というか、驚くべきは最初はカップルだと思った二人が実はつきあっていないようだという事実。何故、結婚を迫る?!

・・・文字でおもしろさを紹介しきれなかったのが残念でしょうがない・・・

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007-02-13

ノロわれた週末

今シーズン2回目のウィルス性胃腸炎に感染した。 

上げ下げ+発熱で、また苦しい目にあってしまった。てか、現在進行中。

お医者さん曰く、ノロかどうかはわからないけど、とのこと。

ちなみに今年はみんなでノロノロ騒ぎすぎてるけど、昔からあったものらしい。昔なんて、冬のおなかの風邪でひとくくりだったんだから、と軽くのたまう先生。 

 

いや、ノロかどうかなんてどうでもいい。 

問題は、何故わたしが2回もこんな忌まわしい目に合わねばならんのだということ。

しかも週末に!! 

生まれてこのかた24年、ほとんど風邪も引かなかったのに、今シーズンに限って2回だ。どうかしてる・・・。

 

起き上がると気分が悪いので、もっぱらベッド生活だったのだけど、つまらないので久々に活字の本を読んだ。

せっかく読んだので、ちょっとメモすることにする。

 

・『スキャンダル』 遠藤周作

・『ゼロの焦点』 松本清張 

 

『スキャンダル』

子供の頃は、大人になれば怖いものなんてなくなると思っていた。

ちょっと大人になった今、いろんなものが怖い。

同じように、子供の頃は、大人はなんでも知っているものだと思っていた。

ちょっと大人になった今、分からないこと、知らないことが多すぎる。

この小説を読むと、死ぬまで経験は連続して更新されるのだという当たり前のことを実感させられて、ワクワクするような、怖いような、複雑な感覚に囚われる。 

 

妻と日々を平和に生きている敬謙なキリスト教信者である”老作家”に、ある日を境に大きな変化がおとずれる。老年も半ばにさしかかった”老作家”を襲う揺れや迷い、恐怖、怒り、そしてそれまで彼には縁遠かった世界を知ってしまう。

 

自分に想像できない長さの時間を生きている人は、それなりに人生に対して答えを持っているはずだという勝手な先入観が、見事に裏切られる作品だと思った。  

 

この作品ではSMや乱交パーティーが描かれている。

でも、そのものにはあまり意味はない。それは”老作家”が知ってしまうものを表現するための記号にすぎない。

その潔さが、気持ちよかった。

「さすが!」と秘かにに叫んだ。 

 

私の嫌いな石○○○や、金○○○○、村○○(伏字多!!)のように、そういった負の世界にわざわざスポットをあて、奇をてらうことで自分を特別視しようとしている(と、私は少なくとも思っている)作家もどきではこうはいくまい。 

 

ノロの身には少し長くなってしまったけど、とにかくおもしろかったということが伝われば幸いです。まる。 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

お引越ししました

こんにちは。けいこです。  

 

本日seesaaからお引越ししました。 seesaaにはなんの恨みもないのだけど、こうでもしないと続けられないと思ったの・・・。

 

さて、振り返ってみると2006年度は、ブログ更新的には最低でした。

 

まじでね!

 

2004年>2005年>2006年前半>>>>2006年後半

みるみるデクレッシェンド。てかミュート

そして問題の2006年下半期の更新回数は・・・ななななんと!!!

 

3回!

 

やる気なー!!

 

本人いろいろあったんでしょう。多分ね。きっとね。

家帰ってずーーーっとパソコンに向かっていたあの頃よりきっと健全だったはずさ。

 

そんな状況も、2007年は少し回復させようということで、ちょっと意識的に書いてみようかな、と思ってるのです。

 

というのも、音楽とか、映画とか、本とか、感動したことも時間が経てばどうしても忘れてしまうものだということにやっと気づいたので、せっかく思ったことや感じたことが消えてしまっていたのではもったいないので、読書ノート・映画ノートじゃないけど、そんな感じで健忘録としての役割を果たすもの+駄文を綴る場所にできればと思います。

 

てか、それ基本。

 

というわけで今日からこっちで自己満足してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-10-31

さくらん the movie!!

なんと、私の大好きな漫画『さくらん』が映画化されるという。
しかもしかも音楽は椎名林檎!!
さくらんで、椎名林檎。
ちょうど今日は仕事で「百色眼鏡」を調べたりしてたので、yahooのトップでこのニュース見たときは、目を疑ったよ。
『さくらん』+椎名林檎かぁ・・・ステキすぎる・・・

公式ページの予告編を見ただけだけど、背景とかかなり漫画の世界観を忠実に再現してるようで、期待してしまう。
ただ、一部台詞が入ってて(「同じ地獄に・・・」の部分ね)、それがイメージと違ったのでどっちに転ぶやらって感じなのですが、兎にも角にもも今は楽しみの一言に尽きる!!


ちなみに・・・このニュースに飛びついた人は、かなりの確率で同じジャンルの人間であろうことが容易に想像できます(笑)


久々に投稿したのもうなずけるニュースでしょ。
ストライクゾーンど真ん中ですよ。
ふぅ。 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006-05-13

いらっしゃいませー

image/rabbitsyndrome-2006-05-13T17:11:07-1.jpg

鹿がふつうに店に入っていく神の島

それが宮島。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

考察 | 読書ノート | 駄文 | 駄犬